近年、人間と同様に動物へのスキンケアの重要性が高まり、
獣医学領域でも動物病院での皮膚科診療の一環としての導入、学会発表、セミナーの開催、
また、サロン、トリミング店でも皮膚トラブルを日常的なケアや、トリミング時のケアにスキンケアの導入が進んでおります。

その一方で、実際に動物のケアをする動物看護師・トリマー・飼い主が、誤ったケアをしていたり、
正しいケア方法を理解していても、うまくできないといった声を聞くことも増えています。

また、スキンケアを指示する獣医師からも、診療が忙しい中で手取り足取り指導することが難しく、
なかなか正しく実践してもらうまで至らないといった声があることから、
こういった現状をふまえ、動物看護師、トリマー、飼い主が、「犬のスキンケアが正しくできる」ようになることを目標に、
実践するための標準的な知識とテクニックを網羅したわかりやすい学習プログラムとなります。

総合アドバイザー(東京農工大学名誉教授 )

アジア動物スキンケア検定の目的

近年、その重要度が認知され、動物医療の現場において実践導入が進んでいる動物スキンケア。
ある時は皮膚科診療の一環として、またある時はトリミング時や日常ケアの一環として導入、実施されています。
そこでAPSCCは、アジア圏において、皮膚科領域で必要なスキンケアの正しい知識、技術の標準化を図る目的で設立されました。
本検定では、動物スキンケアの知識と技術を体系付け、それに基づく動物皮膚科領域に必要なスキンケアの正しい知識を身に着け、飼い主様への対応法などの技術を習得することを目的としています。

アジア動物スキンケア検定を受講すると・・・
【動物病院では】
●皮膚科診療に必要な院内でのケアを行うことができる。
●獣医師とチームとして連携して皮膚治療を進めることができる。
●飼い主様に対して適切なホームケア指導をすることができる。

【トリミングサロンでは】
●皮膚トラブルを持った犬に対する適切なトリミングを行うことができる。
●知識に基づいた、正しい保湿などのプラスオプションを提案することができる。
●皮膚トラブルに対して動物病院との連携を含め、適切な飼い主様対応をすることができる。

<講師>

  • 岩﨑利郎 先生
    Toshiroh Iwasaki

    獣医師、東京農工大学名誉教授、農学博士、
    アジア獣医皮膚科専門医、VetDermOsaka代表、英ウィメンズクリニック研究開発部長

    日本獣医皮膚科学会会長、アジア発開催(香港)第6回世界獣医皮膚科学会議大会長を歴任。アジア獣医皮膚科専門医協会会長を務められるなど国内外で皮膚科臨床・研究、教育活動に尽力されている。
    現在、北摂ベッツセンター(葉月会・大阪府)でVetDerm Osakaとして皮膚科の二次診療を実施。同施設にて関西地区の先生方を中心に皮膚科研修医の指導、講演、教育活動も続けられている。

  • 江角真梨子 先生
    Mariko Esumi

    獣医師、日本獣医皮膚科学会認定医、
    日本コスメ ティック協会認定インストラクター

    日本大学獣医学科卒業、
    東京農工大学医療センター 1種研修医修了
    東京農工大学医療センター 2 種研修医(皮膚科)

    獣医皮膚科・耳科を専門とし、プロフェッショナルな皮膚科・耳科診察技術を提供する獣医師チーム 「Vet Derm Tokyo」に所属し、各地の動物病院に出張で皮膚科診療を行っている。

■ アジア動物スキンケア検定開催記念セミナー
アジア動物スキンケア検定の開催決定を記念し、獣医師・動物看護師向けプレセミナー「犬の皮膚科治療最前線/チーム医療が大事!皮膚科治療TOPICSとスキンケア療法の実践法!」を2019年12月5日(木)に開催いたしました。その時の様子は以下の動画でご覧ください。
また、トリマー向けプレセミナー「トリマーが知って得するスキンケア!~飼主満足度アップとトラブル予防のためにできること~」を2020年2月19日(水)に東京で開催いたします。
  • ホームドクターのための皮膚科診療
    ~ジェネラリストはここまでやる~

  • スキンケア療法を実践せよ
    獣医皮膚科におけるスキンケア療法

  • スキンケア療法を実践せよ
    獣医皮膚科におけるスキンケア療法
    ~実践体験編~

■ 検定について
●学科講習+実技演習(1DAY)
検定は、学科講習と実技演習の2部構成になっています。両講習を通じて、スキンケアの正しい知識と、標準的なスキンケア実践のための技術と考え方について学び、習得することを目的としています。スキンケアの「総論」とスキンケア実践のための「各論」から成り、皮膚・被毛の基礎からトラブル時などの目的別スキンケアの実践法に関する理解を深めることができます。
検定は、2020年3月、東京、大阪にて開催いたします。
ただいま申込受付中です。
■ 開催地域
アジア諸国(日本・中国・台湾)

■ 修了証

検定を受講・修了された方に、個人名にて発行致します。
受講された証として、店内や院内に掲示することもおすすめです。

■ 公式テキスト

APSCC アジア動物スキンケア検定 公式テキスト「動物スキンケア実践ガイド」

【書籍概要】

監修 岩﨑 利郎 先生
著者 伊從慶太先生、江角真梨子先生、関口麻衣子先生、神田聡子先生、下浦宏美先生、島崎洋太郎先生、島田健一郎先生
協力 髙木美樹先生、福田亜美弥先生
対象 獣医師、動物看護師、トリマー
サイズ A4 判 並製本 150~180 ページ オールカラー
発刊予定日 2020年2月
出版社 株式会社インターズー
本体価格 7,000 円+税

【本書の特長】
● アジア動物スキンケア検定の標準テキスト
● 犬のスキンケアを正しく実践するためのテクニックやコツを解説
● 写真やイラストを中心とした誌面構成で、アジア圏の獣医師、動物看護師、トリマーでもわかりやすい
● 飼い主が自宅で実践できるよう、コピーして使える実践ガイド付き
● 日本を代表する皮膚科獣医師が執筆し、現場の動物看護師やトリマーも制作協力

【コンテンツ/著者】
(1) 総論(基礎知識編)
序文
第1章 スキンケアの実施指針
第2章 皮膚・被毛の基本について

(2) 各論(実践編)
第3章 スキンケア実践方法(目的別使用法)
第4章 症状ごとのスキンケア法
第5章 飼い主への説明法と自宅でのケア
第6章 Q&A