犬の病気のお話~パテラとは?~

2021年10月05日

「パテラ」とは、解剖学用語としては膝蓋骨(膝にあるお皿のような骨)という意味です。
この膝蓋骨が脱臼してしまう状態、「膝蓋骨脱臼」を通称、略称として「パテラ」と呼ばれています。

詳しく解説すると、膝蓋骨は、膝のお皿とも呼ばれている楕円形の骨で、正常であれば足の付け根からひざまでの
太ももの骨である大腿骨にある滑車溝というくぼみにはまっています。

この膝蓋骨が滑車溝から外れてしまった状態のことを「パテラ(膝蓋骨脱臼)」といいます。
そのような状態になると、膝関節を伸ばせなくなります。

膝の内側に外れる状態を「内方脱臼」、外側に外れる状態を「外方脱臼」といいます。
大型の犬では内方脱臼もみられますが、膝蓋骨の外方脱臼も比較的多くみられます。

パテラは、トイ・プードル、ポメラニアン、チワワ、ヨークシャーテリアなどの小型犬で多く見られますが、全犬種で認められる病気です。
ちなみに、猫のパテラは犬ほど一般的ではありません。

症状は、一般的に程度(グレード)により次の4段階に分けられています。
たまにスキップを踏むような歩き方をする。あるいは正常は歩行と、跛行(異常な歩行)を繰り返す。
というような、《たまに歩き方がおかしい》という症状が特徴的です。

原因には、先天的要因後天的要因があります。

先天的には、成長期に骨や靭帯、筋肉の形成に異常が生じることで発症します。
また、後天的には、交通事故や高所からの転落などにより膝に強い力がかかることで生じることがあります。


関連リンク

▼『PE マッスルブースター』の詳細は下記URLよりご確認ください。
https://www.qix.co.jp/products/pem0554

▼ その他QIXサプリメント製品の詳細は下記URLよりご確認下さい。
https://www.qix.co.jp/products/categories/1/salling_places/6

関連コラム