RECRUIT

採用情報

社員インタビュー

ペティエンス事業部 主任 立石 佳奈子

大好きな動物たちとオーナー様のために
本当に“良いもの”を広めていく

幼少期から動物が大好きだった私は、麻布大学を卒業後そのまま大学院へ進学し、犬と飼主の関係性に関する研究活動を続け、大学院修了後も同大学にて非常勤講師として働いていました。ある日、愛犬の太陽(バーニーズ)を動物病院へ連れて行った際に、ふと待合室においてあるQIXの製品に目が向きました。その際に“エビデンスに基づいた高品質の製品だ”と病院の先生に勧められて利用していたので、私自身はじめはQIX製品の利用者だったのです。

次のステージにステップアップすべく転職を考えた時、自身の知識を活かして何かをやりたいと思い頭に浮かんだのがQIXでしたね。顧客として良い製品であることは知っていたので、自信をもって勧められる“本当によいもの”を飼い主様、そしてペット自身のためも広めたいと思いました。社員の方々に会いお話をさせていただいている時から、不思議とQIXで働いている自分の姿が想像できていましたね。

ちゃんと思ったことや意見を言って良い、その環境に驚いた

私の仕事は、主に営業サポートと商品の見せ方や販売方法といった戦略の立案です。QIXは動物病院向け製品を多く扱っているので獣医の学会に参加することも多いですが、人とのコミュニケーションが大好きな私にとってはとても有意義な学びの場でもあります。

入社当初はどうすればよいのか右も左もわからず困惑したこともありましたが、上司に相談しながら対応方法などを試行錯誤したところ、接する方々の反応が徐々に変わっていき、“QIXの営業”ではなく“QIXの立石”として認識して頂けたのはとても嬉しかったです。

ビジネス経験のない入社して歴の浅かった私でも意見を言える、求められる環境があったことが自身の成長に繋がったな、と思います。

この先もユーザーとしての視点を忘れずに、寄り添っていきたい

私の中で思うQIXの大きな特徴のひとつは、ひとりひとりそれぞれ得意なものを持っていて、すごくバランスが取れている会社であるということ。製品にしても販売にしても、それぞれがそれぞれの得意を活かすことができますし、逆に自分が足りてないなと感じる点に関してそういった方々から学ぶ事ができるのはとてもありがたいなと思います。

当初からの変わらない私自身の目標は、“飼い主様とペット自身を笑顔にすること”ですね、ここはこれからも絶対にぶれないと思います。そのためには、ユーザーとしての視点を忘れず、想像力を豊かにもって模倣でない新しい価値をどんどん生み出していきたいなと思います。

製造部 主任 樋口 雅一

専門職としての実務だけでなく、ビジネスマンとしても自分を成長させる事ができると思った。

大学を卒業後、化粧品メーカーで品質管理の仕事をしていました。品質管理はお客様に安心安全な製品をお届けするための社内の最後の砦だと思い従事しておりましたが、もう一段階上のビジネスパーソンになりたいと感じ、新しい環境を求めて転職を決めました。

転職を考える上で自分の中で大前提としてあったのが、動物とかかわる仕事につきたいという点。何社か検討していたのですが、QIXに入社を決めた決定的な理由は社長の考え方や感性に惹かれた事ですね。とてもエネルギッシュで、視野が広く多方面から物事を捉えているのが伝わって、「この人の下で働いてみたいな」と純粋に思いました。

前職での品質管理の経験が活かせるかと思い製造として入社したのですが、いざやってみると初めてのこと尽くしでした。

ペットと飼い主の絆を 健康面から応援する、商品づくり

製造部の仕事は、言葉の通り“商品をつくる”こと。市場のニーズ、顧客のニーズに応えるべくかゆいところに手が届くようなものづくりを心掛けています。
具体的内容としては、まずは企画の立案。具体的な内容としては、まずは企画の立案。営業部とも連携し、お客様のニーズや競合製品の探索を行いいざ社内プレゼンへ!実は社内でのプレゼンが一番ドキドキするタイミングでもあります(笑)

企画が通り次第スピードを上げて、工場との打ち合わせや製品を上市させるまでのスケジュール作成を行い進行管理します。

個人的に意識していることは、食物アレルギーが気になるワンちゃんに寄り添った「低アレルゲン製品」作り。元気な子も、療法食を食べている子でも、健康に配慮しながら食べる嬉しさ・楽しさを感じる事ができるような製品を今後もつくっていきたいですね。

より良い、より求められる製品をつくるという自身への挑戦

良いものを追求するのは決して簡単な事ではなく、失敗ももちろん付き物です。問題に当面した時や失敗してしまった時に、そこで折れてしまうのではなく「なぜだろう」と原因を追究しトライアル・アンド・エラーをする事がとても大切だなと改めて感じます。失敗を恐れずに次の方法を試みること、違う視点から捉えることそういった自分自身への挑戦ができる人にとって、最適な環境だと思いますね。