SEMINAR

セミナー

動物病院スタッフのための
[伝わる]問診コミュニケーション

動物看護師・動物病院スタッフ

  • オンライン

問診は、病気や状態を迅速かつ正確に診断し、早期に治療を始める上でとても重要です。
特に、“いかに正確に聞き取り把握することができるか”がポイントになります。また、正しく聞き取ることで、飼い主様とスタッフとの信頼関係の向上や、獣医師の診断エラーの減少にも繋がります。
本セミナーでは、動物医療ならではの問診の役割と、正確に聞き取るためのポイントを理解し、明日から実践できる質問力を身に着けることを目的としています。
今回は、獣医臨床の観点から江角真梨子先生、接遇コミュニケーションの観点から田中理咲先生にご登壇頂き、各観点から押さえておきたいポイントを網羅したプログラムとなっております。
"動物医療のスペシャリストとしての問診力を身に着けたい" 動物病院スタッフの方はぜひご参加ください。

【こんな経験ありませんか?】
・ 質問したことに対して、なんだかズレた答えが返ってくる
・ 要点だけを聞きたいのに長々と話され、次の飼主様をお待たせしてしまう
・ 何度も質問してイライラさせてしまう
・ 質問の仕方が悪いのか、返ってくる答えが曖昧
・ 後輩の問診が不正確だったり時間がかかるため、結局自分が確認しに行くので非効率

【講座内容】
第1部:江角 真梨子
「問診から見えること」
・問診を活かした待合室の効率化メソッド
・抑えておきたい皮膚科問診スキル
・陥りがちな問診エラー

第2部: 田中 理咲
「獣医療現場で重要な『質問力』」
・問診のお悩みシェアタイム
・飼い主視点の答えやすい質問・答えにくい質問とは?
・明日から使える質問スキルを身に着けよう

第3部:ケーススタディ
「起こりがちなミスコミュニケーション」

【オンラインセミナーのポイント】

●PCまたはスマートフォンさえあれば、どこでも受講可能!※PCの場合はインターネット環境が必要です。
●ハンドアウト、マニュアル事前送付でスムーズに受講可能!
●講師に直接質問したり、双方向コミュニケーションが可能!

オンラインでも安心!※WEB会議アプリ「Zoom」使用

講師:江角 真梨子
獣医師、日本獣医皮膚科学会認定医、日本コスメティック協会認定インストラクター
【プロフィール】
日本大学獣医学科卒業
東京農工大学医療センター 1種研修医修了
東京農工大学医療センター 2種研修医(皮膚科)
2015年4月、獣医皮膚科・耳科を専門とし、プロフェッショナルな皮膚科・耳科診察技術を提供する獣医師チーム 「Vet Derm Tokyo」に所属。2020年7月より独立し、フリーランスの皮膚科獣医師として従事。

講師:田中 理咲
動物病院ヒューマンスキル育成コンサルタント
日本プロフェッショナル講師協会™ 上級認定講師
【プロフィール】
航空会社勤務の後、獣医師である兄の影響を受け、動物病院の運営・スタッフ育成に携わる。その後「動物病院であたり前にヒューマンスキル教育が行われる未来を創る」ため、社員教育、人財育成のノウハウを学ぶために独立。個別動物病院での研修、セミナー、人財育成コンサルティング、公開型セミナーなどで、社会人マナー、接遇、部下・後輩育成、チームマネジメントなどのヒューマンスキル育成に力を注ぐ。これまでに約3000名の動物病院スタッフを指導。
愛犬はトイ・プードル。鹿児島出身(DNAは奄美大島)

セミナースケジュール

日付 時間 受講料 定員
11月11日(水) 14:00~17:30(受付開始:13:30) 6,500円(税込) 40名

【ご用意いただくもの】
お1人様1端末(カメラ付きPC、またはスマートフォン・タブレット)

■セミナーに関するお問い合わせはこちら
電話:042-860-7462 メール:education@qix.co.jp
受付時間:平日9:00~17:00
※受付時間外にメールでお問い合わせをいただいた場合は、翌営業日以降の回答となります。